離婚専門の弁護士に依頼することで、正しい手続きができる!

悩みを解決しよう!

パートナーの不貞行為などが原因で離婚をする人は多くいます。そういった場合には、一人で悩みを抱えこまずに相談をすることが大切です。

離婚ができるケースとできないケースの違いとは?

離婚ができるケース

不貞行為の証拠があったり、相手の生死が3年以上不明な場合には離婚をすることができます。また、相手が強度の精神病で回復の見込みがない場合も離婚が認められるようです。

離婚ができないケース

基本的には不貞行為やギャンブル癖などがある場合は離婚が認められます。しかし、その証拠がない場合には、離婚の原因として認められないことがあります。

離婚はケースバイケース

離婚裁判の際に認められる理由があったとしても、絶対に離婚ができると言い切ることはできません。そのため、離婚をする際には証拠を押さえるなど準備をすることが大切です。

離婚の原因とは?

性格の不一致

価値観が合わないなど、性格の不一致によって別れる夫婦は多くいます。しかし、その場合にはお互いに非がないため慰謝料請求が難しいようです。

不貞行為

不倫などの不貞行為は、最も多い離婚原因といわれています。不倫は相手の信頼を裏切る行為のため、証拠があれば慰謝料請求をすることが可能です。

暴力(肉体的・精神的)

DVなどの肉体的・精神的な暴力も離婚原因で多くあります。この際には、周りにいち早く相談をすることが大切です。また、暴力による診断書も保管しておきましょう。

経済的暴力

最近の離婚原因で多いのが経済的暴力です。これは、生活費を渡さないなど経済的にパートナーを傷つける行為のことです。証拠があれば、慰謝料請求が可能です。

同居を拒む

理由もなく同居を拒む場合にも離婚の原因になります。その際には、精神的なダメージによって慰謝料が変わるようです。

離婚専門の弁護士だから安心!弁護士に依頼をするメリット

相談に乗ってくれる

離婚専門の弁護士は、依頼者の不安やストレスを解消するために相談に乗ってくれます。また、依頼者が受けた精神的負担に応じた慰謝料を請求するために、相手との交渉もおこなうことができます。そのため、専門的な知識がなくても安心して依頼することができます。

手続きがスムーズに進む

弁護士に依頼をすることによって、離婚に必要な手続きをスムーズに進めることができます。また、不倫相手に対して怒りの気持ちをしっかり伝えることができるため、相手もきちんと対応をしてくれます。

慰謝料が獲得できなかった場合でも安心!

弁護士事務所の多くは、慰謝料が獲得できなかった場合を考えて全額返金をする保証サービスがあります。そのため、慰謝料について不安がある際でも安心して依頼をすることができます。

慰謝料を請求された場合

離婚専門の弁護士は、慰謝料請求側だけではなく慰謝料請求された側の弁護をすることも可能です。状態を悪化させないための対処法などを相談することができるので、気になることがあればまずは相談してみましょう。

広告募集中