腎臓病食は宅配ですぐに用意できる|ラクラク食事の準備

腎臓に優しい食事を便利に

2人の女性

腎臓病になる人は増えており、腎臓病食の宅配サービスの需要は増加しています。今後は、栄養、値段、おいしさ、安全性などを総合的に重視した商品が注目されるでしょう。宅配サービスの人気の理由としては、栄養管理をする手間が省け楽になること、制限食でありながらもおいしく工夫されていること、が挙げられます。

もっと見る

上手に活用しましょう

夫婦

腎臓病の方やそのご家族にとって、食事療法は非常に大きな負担となります。その負担を軽減してくれるのが、腎臓病食の宅配サービスです。健康な方の食事と遜色ない内容となっており、自分でメニューを考えたり、調理する手間を省くことができます。今後は単身者などを中心にその需要が高まっていくのではないでしょうか。

もっと見る

腎臓病は食事療法が必要

宅配

腎臓病の方にとり、食事療法は非常に重要であり、腎臓病食の宅配なら無理なく手軽に取り入れることができるのでオススメです。また、様々な宅配方法やメニューがありますので、ご自身の体調と予算に合わせて頼むことができ、継続することができます。

もっと見る

腎臓病の食事療法

トラック

食事療法のポイント

腎臓は体内の老廃物や余分な水分・塩分などを尿へ排出してくれる大切な臓器です。しかし腎臓病になるとたんぱく質や塩分の摂り過ぎは負担をかけるため、食事療法が必要になってきます。腎臓病食のポイントは、たんぱく質を控えること、塩分を控えること、エネルギーを十分にとること、カリウムの過剰摂取に気をつけること、状態によっては水分を制限することです。まずたんぱく質制限は、医師から指示された摂取量を守りながら、良質なたんぱく質を摂りましょう。魚・肉・大豆・卵などいろいろな食品から摂ることで質がよくなります。塩分制限では、1日摂取量を5〜7g以下に控え、塩分の多いハムやソーセージなどは気をつけましょう。レモンやお酢などの酸味を使って味付けを工夫することで、減塩でも美味しく食べられます。エネルギー摂取については、摂取したたんぱく質を有効利用するために十分なエネルギーを摂る必要があります。バランスのよい食事を心がけ、1日3回規則正しく食べましょう。カリウム制限では、調理法を工夫することで軽減できます。細かく刻んだあと水にさらしたり、多めの水でゆでこぼしたりすることで減らすことができます。

おすすめの食事療法

腎臓病食ではたんぱく質や塩分・カリウムなどの量を制限する必要があるので、自分で管理を徹底するのはとても大変です。そこでおすすめなのが腎臓病食用の宅配弁当です。腎臓病食用の宅配弁当を利用することで、毎日の献立作りや、栄養計算、彩りや味を気にする面倒から解放されます。宅配弁当は美味しくないんじゃないかと不安に思われる方もいると思います。しかし、宅配食ではプロの管理栄養士が献立から食材選び、調理方法までを考えており、栄養成分もコントロールされています。また献立も毎日変わるので飽きることなく、色とりどりの食材を使って目にも美味しく、だしや香辛料でしっかりと下味をつけた食べ応えのあるおかずが入っています。調理も食べたい時に冷凍庫から取り出して、電子レンジでチンするだけなのでとても簡単です。